ブックメーカーで儲けたお金はちゃんと納税

お金を儲けたら

ギャンブルに参加してたくさんの儲けがでた場合に注意しなければならないのは、ギャンブルで得た利益は課税の対象となっており、儲けの一部を所得税、住民税、復興特別所得税として納税しなければならないということです。これは、法律で参加することがみとめられている競馬、競輪、競艇、オートレースだけでなく、ブックメーカーにおいても同様です。

ブックメーカーで得た利益は所得税法上の10種類の分類のうち一時所得に該当しますが、実際に納税しなければならないかどうかは所得を計算してみるとわかります。一時所得は、1月1日から12月31日までの1年間でブックメーカーから得た払戻金の総額Aと、その払い戻しを受けた賭けにおいて投じたお金の総額Bを計算し、その後AからBを差し引き、さらに特別控除額50万円を減じれば算出することができます。もし、計算して得られた一時所得がゼロ以下であればブックメーカーの儲けは課税されませんが、1円でも生じていた場合は所得金額の半分を課税対象として、他の所得と合算して納税額を算出する必要があります。

所得税等を納める必要がある場合は、2月16日から3月15日までの1ヶ月の間に最寄りの税務署に確定申告を行い、その後指定された方法で申告した金額を納税します。税務署へは確定申告書とともに所得金額と税額の算出の根拠となる書類を提出することになっており、ブックメーカーで得た所得を申告する場合は預金通帳のコピーや入出金明細などといったものが対象となります。また、会社勤めをしている人は源泉徴収票を、個人事業の傍らで賭けに加わっていた人はその事業の利益と経費がわかる書類を用意する必要があるほか、ケースによってはこの他にも提出すべきものが存在します。もし、確定申告時に出すべき添付書類がわからないのであれば、税務署の職員に問い合わせたり、税理士事務所に行って相談をして解決させましょう。

Category