ブックメーカー投資がおすすめされる理由

スポーツベッティング

ブックメーカーを使った投資で魅力的なのは、アービトラージです。
日本の競馬などのギャンブルでは、オッズは胴元である主催者が発表する1種類しかありません。
しかしブックメーカーのオッズはそれぞれの会社で異なるので、同じ試合結果でも真逆になるケースがあります。
こうしたどちらのチームが勝っても必ず的中するオッズを見つけることができれば、絶対に失敗することはありません。
投資なのに確実性が高いので、ブックメーカーはあらゆるところでおすすめされています。

しかしアービトラージには欠点もあり、膨大なオッズを調べるためにはツールの使用が必須です。またほぼ全てのブックメーカーでは禁止しており、違反すれば取引ができなくなります。正し、三大ブックメーカーの1つであるピナクルはアービトラージがOKです。
アービトラージはある種抜け穴のような手法なので、使うこと自体に危険性が伴っていると言えるでしょう!

それでもブックメーカーをおすすめするのは、単純にスポーツが好きなら楽しめるからです。応援しているチームや選手にお金を賭けて試合を観戦すれば、それだけでいつも以上に白熱します。
また賭け方には、単純な勝敗予想の他にハンデや特定の条件をつけたオッズも用意されています。
賭け方が非常に複雑だと的中させるのは難しいですが、それだけに予想にやりがいを感じられるでしょう。
お金儲けのためだけではなく、好きなスポーツの観戦をもっと×2楽しくするためにブックメーカーを利用するのもおすすめです。

オッズが変更しないからアービトラージができる

ブックメーカーが有利な点として重要となるのが、賭けた時点でのオッズによって払い戻しが受けられるというものがあります。
日本の公営競技であれば締め切り時のオッズで払い戻しを受けることになりますが、これが賭けた時点でのオッズによって払い戻し額が決まると何が有利になるかと言えば、オッズが変動する前に有利な情報を手に入れることができれば、有利な賭けに参加をできるという点にあります。
競馬で言えば有力馬の調子が悪いとなったときには、相対的に対抗馬の勝率がアップすることになります。
そして、オッズが変化しないことがアービトラージを可能にするのです。
オッズが3倍の時点で賭けて、最終オッズが1.9倍になってしまうような日本の競馬ではアービトラージは不可能なのです。

スマートフォンから賭ける

アービトラージが可能な情報を誰よりも早く手に入れることができたとすれば、オッズが変わる前に対抗馬の馬券を購入することで期待値の高い勝負をすることができるということなのです。
このようにブックメーカーはそもそも控除率が低いということと、アービトラージをするだけの選択肢が多いこと、賭けた時点でオッズが確定されるという点から期待値が高いものとなっているのです。

Category